• ホーム
  • 大正製薬リアップシリーズとプロペシアの作用の違い

大正製薬リアップシリーズとプロペシアの作用の違い

髪の毛を気にする男性

日本国内で販売されている発毛剤のうち、エビデンスが明確な商品の一つに、大正製薬が販売しているリアップシリーズがあります。
リアップシリーズに含まれている有効成分の薬名ミノキシジルは、高血圧患者の血管拡張剤として開発されたものですが、発毛作用があることがわかったことから発毛剤として商品化されました。
第1類医薬品として市販されているため、誰でも簡単に購入できるというメリットがあり、ミノキシジル1%を含んだ商品のほか、5%濃度の商品や女性向け製品も販売されています。

このミノキシジルより更に高い効果を得られるのがフィナステリドで、MSD社から発売されている男性型脱毛症の治療薬プロペシアに有効成分として含まれています。
フィナステリドは男性ホルモンに作用するもので、本来は前立腺肥大の治療に用いられていましたが、男性型脱毛症の進行を抑え発毛サイクルを正常なものに戻す作用があることがわかり、男性型脱毛症の治療薬として使われるようになりました。

このように、ミノキシジルとフィナステリドには、作用に明確な違いがあります。
リアップシリーズに含まれるミノキシジルは、毛包に作用することで毛髪がより成長するようタンパク質合成を促し、太く健康な毛髪へすると同時に、休止期の毛包を活性化させ発毛を促します。

一方プロペシアに含まれるフィナステリドは、男性ホルモンの一つテストステロンから生成されるジヒドロテストステロンの産生を抑えます。
ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となる物質で、5αリダクターゼがテストステロンに働きかけることで生成されますが、フィナステリドは5αリダクターゼを直接阻害するため、男性型脱毛症の進行を強力に押さえ込むことが可能となっています。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索